Blog&Topics

結婚する能力

友人のI夫は、過去に4回結婚して、4人の子どもを生ませた経験がある。現在は、4人目の奥さんと一人娘と暮らしている。

私が結婚相談所をやると言ったら、

私が婚活者に講演会やろうか〜?
結婚なんて簡単よ〜
後先考えずに「結婚しよー!」って言えばいいのよ〜ガハハハ〜

極端な例かもしれないが、「できちゃった婚」は結婚への、後先考えない一番手っ取り早い言い訳になるのだ。

結婚相談所に入会したら、マッチングのシステムから、自分の好みのお相手を探し、お見合いをし、一度のお見合いでは結婚相手に相応しいかどうかは分からないので、お友達からのプレ交際で、何度かデートを繰り返し、その中で、結婚するかどうかの見極めをし、お互いの気持ちが確認できたら結婚準備としての真剣交際に進み、お見合いから約3か月〜半年で婚約、成婚退会となる。

結婚相談所は、できちゃったでもなく、ちゃんと道筋を立てて、自然な流れで結婚までのお膳立てをしてくれる。

・結婚する能力とは何か⁈

未婚者は、結婚はしたいけど、異性と交際をすることに抵抗があったりする。
また、その先の結婚生活のイメージが湧かなかったり…

一人で過ごす時間が長過ぎると、自分の趣味などにお金や時間を費やすことがメインで、確立してきた自分時間や楽しみを、物理的にも精神的にも乱されたくない。となってくる。

または、過去に辛い別れを経験していたりすると、失恋や離婚を人生の失敗と捉えていて、絶対に大丈夫な完璧なお相手を探そうとしていたりする。

こういった思考から、
「いい人がいたら、直ぐにでも結婚するよ。」
と言いながらも、失敗を恐れ、いい人を探す努力をしていない。

別れた相手を忘れられないのは、一途ではなく、現実を受け入れない弱さの表れ、あるいは頑なだ。
別れはマイナスではなく、実は経験というプラスなのだ。

結婚する能力とは、実は失敗を恐れずに進む勇気なのではないか。

・恋愛なのか、結婚なのか

結婚相談所に入会することは、自分自身にコミットすることでもある。

自分自身を理解しないまま、結婚相手を探すのは難しい。
お相手を条件で探しているうちは、自分自身にも条件付けをしているのかもしれない。

どんなに素晴らしい白馬の王子が現れても、それに相応しい自分でいられるか?
白馬に乗ってるのはブサイクなオジさんかもしれないし、王子様は徒歩でやってくるかもしれない笑

実際に一番結婚しやすい人は、美人でも金持ちでもなく 「素直で」「惚れっぽい人」

愛嬌が通用するのは20代、30代からは気遣いや言葉遣いなどの人間性や仕事力
40代からは面倒見の良さや生き方、若さに媚びない等身大の魅力がある人が結婚相手として選ばれる。

婚活ビジネスによって、一見幅広い出会いが提供されたように見えても、その多過ぎる条件が逆に結婚しにくくしている場合もある。
条件で絞り過ぎると、運命のお相手に出会えない可能性も…

条件を広く持って、実際にご縁のある人と出会うことで、自分自身を知り、一番大事にしたい結婚に対する価値や意義は何なのかに気付くことが大切なんだと思う。

・恋愛結婚の向こう側

結婚相談所でするお見合いは、条件がまず最初にあります。
条件で絞らない恋愛から結婚へと進んだ場合、相手への気持ちが冷めたら離婚となってしまう場合も…

かと言って、何事も歩き出さないと、どんな目的地にも辿りつけない。まずは、一歩を踏み出す前に立ち上がることからだと思う。

MAASA結婚相談所は、お見合いと恋愛のその先の結婚という、究極のパートナーシップを繋げることを常に考えています。

失恋も人生においての素晴らしい経験です。
MAASA結婚相談所は、あなたの気持ちに寄り添ったサポート役として、あなたの恋愛結婚を応援します。是非一度お問合せ下さい。

関連記事一覧

お知らせ

コロナ(COVID-19)に関する最新の情報は内閣官房ホームページをcheck!

宮古島周辺天気に関する最新の情報は気象庁ホームページをcheck!