Blog&Topics

リクルートブライダル総研の婚活に関する調査2020

リクルートブライダル総研の婚活に関する調査、最新版!

2019年も婚活サービスを利用した成婚者が増加
コロナ禍を過ごして、婚活需要が高まってます‼︎

~以下抜粋~
婚活サービスを通じて結婚した割合が2年連続過去最高を更新。利用者の成婚率も高まっている
・恋愛・結婚意向のある独身者の4人に1人が婚活サービス利用経験があり、増加傾向。
 特にネット系婚活サービスの利用経験率が一層高まり、出会いの手法の一つとして定着しつつある
・新型コロナウイルス感染症流行中でも約7割は継続的に婚活サービスを利用
・新型コロナウイルス感染症流行により、恋愛・結婚意向が高まった人の割合が約4割。
「人と過ごすありがたみ」や「将来を考える機会」が増え、将来をイメージし、誰かと共に生きる意欲が増した可能性あり
・新型コロナウイルス感染症流行により、結婚相手に求める条件に変化。
「経済的安定」に加え、「長時間一緒にいても苦にならない」など、“パートナーとの距離感”への関心が高まっている
・オンラインデートは、費用・場所・時間にとらわれないデートの手法として認識されている。効率的に関係を進められる手法として広まる可能性がある

関連記事一覧

お知らせ

コロナ(COVID-19)に関する最新の情報は内閣官房ホームページをcheck!

宮古島周辺天気に関する最新の情報は気象庁ホームページをcheck!