Blog&Topics

意外と知られていない結婚相談所の利用率

仕事に費やす時間、プライベート(婚活)に費やす時間

ほんと、仕事が忙しくってさ〜最近寝てないんだよ〜

これ、カッコいいと思ってる人いませんか?実は、ヤバイですよ。

以前は、仕事で忙しい=仕事が出来る男と思われていたかもしれないけど、今は、仕事が忙しいと言ってる人に限って、時間の使い方が下手、要領が悪い=仕事ができない。ってアピールになっちゃってるかも。

本当は忙しいけれど、それを理由にしない人は時間の使い方が上手、つまり仕事ができる人だったりする。

以前は「仕事は忙しくしてる人に頼め!」なんてことを聞いた時代もありました。

窓際族(もはや死語ですね)で日がなぼーっとしてる人に暇だからって仕事を頼むより、テキパキ業務をこなしてる人に頼んだ方が仕事が速いっていうやつ。

仕事が出来る人は、レスポンスも早いし、兎に角、仕事を手元に溜めておかない。

自分でやりきらないことは人に振るのが上手。だから、周りからの信頼も厚くなる。

仕事と、恋愛・結婚などのプライベートを両立できる男はモテる

普段から仕事が忙しいって周りに言ってると、遊びや食事に誘い辛く、出会いのきっかけを失ってる可能性があるかも。

今の時代、賢い人はキャリアも大事だけど、ライフプランもしっかり考えてる。
実は企業がこぞって新しいビジネス戦略として取り入れている「ワーク・ライフ・バランス」は、仕事と生活の調和を図ること。

社員が家族や生活の為に時間を配分し、働く環境が整った会社は、優秀な人材が集まり、効率が良く、離職が減る為、業績が上がる。

仕事ばかりが充実していて、婚期を逃してませんか?

以前は仕事が出来る男には、自然と女も付いてきた。今は、仕事ばかりで家庭を顧みない夫より、家事や育児に積極的に参加する人が求められています。

深夜まで会社で仕事してる上司より、育休を取ったり、子どもの送り迎えなど家庭の事をしっかりやっている上司の方が、女性社員には評判がいいはず。

会社経営者の友達は、料理が出来る男がモテるからと積極的に料理をしていましたよ笑

賢い人ほど、結婚相談所を選んでいる

実は結婚するのに、一番効率が良いのは結婚相談所なんです。

去年一年間で結婚した人のうち、婚活サービスを通じて結婚した人は、全体の13.0%そのうち婚活サービスごとの内訳は、ネット系婚活サービスが6.3%、結婚相談所が3.5%、婚活パーティー・イベントが3.2%

一見、データマッチングなどのネット系婚活サービスが一番結婚出来てるように見受けられますが、ネット系婚活サービスの登録者数は、日本全体で約1100万人、結婚相談所の登録者数は約60万人と言われているので、圧倒的に結婚相談所に加入している方が効率良く結婚出来ているということになるのです。

なので、仕事もバリバリ効率よくこなしている人は、恋愛・結婚などのライフプランを実行する時も、一番効率が良い結婚相談所という決断をしているのだと思います。

関連記事一覧

お知らせ

コロナ(COVID-19)に関する最新の情報は内閣官房ホームページをcheck!

宮古島周辺天気に関する最新の情報は気象庁ホームページをcheck!