Blog&Topics

プロポーズするかしないかが男の価値を決める?!

本日もブログを開いていただきありがとうございます!!

沖縄・宮古島で唯一の結婚相談所

MAASA結婚相談所 心理マリッジカウンセラーの東野加代子です。

先日、成婚率向上委員会のミーティングに参加しました。

「成婚率向上委員会とは?」

婚活事業者の成婚率を上げて世の中にハッピーを増やしていくことを目的とした有志の集まりで、メンバーは①真剣に幸せなカップルを増やしていきたいと考える婚活事業の運営者と、②そんな婚活事業者の成婚率を上げることに力になれる質の高いサービスを提供している事業者で構成されております。

結婚相談所を始め、婚活者の魅力アップにつながる美容エステや矯正歯科、ファッションアドバイザーなどの職種の方が参加されています。

その中の主要メンバーに、私の地元福井県でジュエリー店を営む土屋君(高校の同級生の幼馴染)が、「プロポーズアドバイザー協会」というのを立ち上げています。

プロポーズするかしないかが男の価値を決める?!

結婚するならプロポーズされたいと思っている女性は、全体の96.7%と殆どの女性は男性からプロポーズされるのを望んでいます。

しかし、土屋君のTwitterによる調査によると、

恋愛において、告白されたい女子は9割以上なのに対して、告白したい男子は38%と4割以下!!

なので、実際に既婚者に調査した結果も、しっかりとしたプロポーズをした男性(された女性)は4割。6割の方は、なんとなく曖昧な感じでプロポーズを済ませている実態があります。

また、「プロポーズと結婚式・披露宴のどちらに価値を感じますか?」という質問に、結婚式に価値を感じる方が14.7%なのに対して、50.3%の方がプロポーズに価値を感じると答えています。

「はっきりとプロポーズしなかったこと、後悔してますか?」という質問には、後悔している男性が2割、後悔していない男性が8割なのに対して、はっきりとプロポーズされたかった女性は8割と、プロポーズに関する男女間の考えが真逆の割合になっています。

この男女間のギャップは、結婚後の関係にも大きく影響を与えるのでは?!

実は、男性側も8割の方がプロポーズした方が良いと考えているのです。
でも、実際には4割の方しかプロポーズをしていないのには、こんな理由があります。

・指輪のサイズと好みのデザインが分からない。

・金銭的なプレッシャーから、一人で慣れない宝石店に行くのが不安。

・プロポーズをどうしたらいいか相談する人がいない。

離婚するときには、弁護士など専門家に相談するのに、結婚する時は相談する専門家がいない。誰しも、離婚するつもりで結婚する人はいないはず!

では、結婚前にプロポーズや結婚式、結婚生活についての相談できる専門家が必要なのではないか?!

『実は結婚式より重要なプロポーズ、実際にどうしたらいいの??』

この続きは明日のブログをお楽しみに~

「プロポーズ前に知っておきたい!」LIGインタビュー記事
  👇👇👇
 https://liginc.co.jp/494172

関連記事一覧

メルマガ登録

心理マリッジカウンセラー東野加代子による配信数限定のメルマガ配信開始しました。

お知らせ

コロナ(COVID-19)に関する最新の情報は内閣官房ホームページをcheck!

宮古島周辺天気に関する最新の情報は気象庁ホームページをcheck!